響きと構え

 

演奏会を控えている生徒さんのレッスン、曲は明るさいっぱいのF-durのソナタです。

今日はピアノ伴奏してくれる生徒さんと一緒で、より立体的な音楽創りが出来ますね。

何度目かのレッスンですが、回を重ねるごとに音楽に表情もついてきて、安定感も出てきました。

 

私はレッスンを通して「今はどうでしたか?」という問いかけをよくします。

 

今はどうでしたか?

「さっきより表現出来たと思うのですが、音がなんというか。。。」

 

そうですね。自分の音をよく聴けていると思います。

 

どんな音で、どんな音楽を、どんなふうに吹くか。

自分が奏でたい音楽の「望み」がハッキリしてきたので、どんな音でそれを吹きたいか、その「望み」もハッキリしてきたようです。

 

アタマが動いてカラダ全部がついてきて。

 

生徒さんが吹いている様子を観察しているとやはり、少し窮屈そうな感じで吹いています。

マウスピースを口にくっつける時に、肘関節はよく動いているのですが、肩関節や肩甲骨の動きがほとんど見られません。

マウスピースは口に届かず、顔が下を見てマウスピースを迎えにいっているように見えます。

何かを胸の前で抱えているような感じでしょうか。気道が狭められ、胸が落ちてしまっています。息の流れは。。

 

さあ、楽器を持ち上げて!

「あっ!そうだった!」

 

すぐに気づいてくれたようです。

先ほど「やはり」と書きましたが、この生徒さんには「腕ぜんぶ」のお話とレッスンをしていたからです。

「楽器構え体操」や「肩甲骨鬼ごっこ」もやりましたね。

 

すぐに伸びやかで豊かな響きが溢れ出しました。

良かったですね。吹いている本人も気持ちのよい笑顔です。

 

あとはこれを自分のものにするだけですね。

そのために丁寧に毎回「腕ぜんぶでマウスピースを口にくっつける」と自分にお願いしましょう。

 

その響きがあれば、ピアノの蓋は全開で大丈夫ですよ。

あなたの音をホールいっぱいに響かせてください!

 

 

LINEで送る
Pocket

Twitter

2014年10月
« 7月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031