私の思う「褒める」

未分類|2014/12/29 posted.

 

ある学校でのお話です。

先生とお話させて頂いた中で「褒める」とは自分にとってどんな事なのだろうと考えました。

 

そう言えば「先生はすぐ褒めてくれるから」とか「褒め上手ですね」などとお言葉を頂くことがあります。

 

もちろん、むやみやたらに褒めている訳ではありません。

レッスンでは「褒めることが出来ない」場面もあります。

 

様々なテクニックや音のイメージ、音楽表現のレッスン。

それは生徒さんが自分自身と向き合う事になる時もあります。

 

望む音楽表現のために思い考え、師弟共にそれを追求していくのは本当にかけがえのない、素晴らしい時間ですよね。

 

そんな中で生徒さんが一歩、いや半歩でも1ミリでも望んだ音楽に近づいた時、私は嬉しくて声をあげる気分、喜びに包まれます。

 

そんな時、自然に笑顔になってしまうようです。

当たり前の話なのですが、心から嬉しいのですよね。

 

私は自分のその喜びを、生徒さんと分かち合いたいのです。

生徒さんからもたらされた、その心からの喜びを。

 

どうやら私にとってその方法が「褒める」という事のようです。

 

私にとっての「褒める」

それは「喜びの分かち合い」なのです。

 

これからもこの道が続いて行きますように。

 

 

LINEで送る
Pocket

Twitter

2014年12月
« 11月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031