北陸へ

 

北陸地方の中学校から金管セクション指導のご依頼を受け、伺いました。

 

先生とお話すると「1年生もいるので基礎からお願いします」というお話でした。勿論、様々な状況や学校のご都合があるのは重々に承知していますが、こういったお考えの先生には本当に頭が下がります。

 

とても礼儀正しい生徒さん達。思わず私はこんなに素直な中学生ではなかったなと感じてしまいました。

 

いつものように、まず生徒さん達の「望み」を聞きます。

 

「今日これだけは聞きたい、解決したいということがあったら教えてください』次々と手が挙がっていきます。礼儀正しいだけでなく元気もすこぶるよいですね。嬉しくなります。色々と聞いていくとやはり共通の事柄が多いです。お友達の意見にうなずく子も多いですね。

 

いよいよ「ではみんな一人一人の吹いているところを見せてください、一番目に吹きたい人!』

。。。だいたいは手が挙がりません。三番目!四番目!と少し手が挙がってきます。でもその生徒さんが一番目になってしまうのですが。

 

頭が動いて身体全部がついてきて。

 

トロンボーンの生徒さんの望みは「もっと音を響かせたい!」でした。私のお腹を触ってもらって、息を吸ったり吐いたりする時にどんな動きがあるのかを確認してもらいます。そして自分のお腹を触って同じ事をしてもらいました。

 

どうやら逆の動きが起こっているようです。息を吸ったときには動かず、息を吐いている時は外側に突き出されています。楽器に真剣に取り組んでいる生徒さんほど、時々見られますね。

 

「楽器を吹くの時、苦しい?」と聞くと、うなづいていました。今日、出会えて良かった。楽器をとなりの子に持ってもらい、ただひたすら、息を吸ったり吐いたり吸ったり吐いたり吸ったり吐いたり吸ったり吐いたりしてもらいました。私も一緒に。

 

お腹が良い感じで動き出しました。そして凄い息の量!後は息を流す方向を確認して、腕全部を使ってマウスピースを口につけ、そのまま自分が好きな音を吹いてもらいました。先ほどとは違う伸びのある響きです。聞いてみると「いつもよりいい音がよく飛びます!」と笑顔で。周りのみんなも笑顔です。

 

次からの順番決めはみんなが一斉に手を上げ始め、じゃんけんで。。。

 

全員を聴かせて頂いて丁度時間となりました。みんながこれからの練習に使えると実感してくれて嬉しかったです。顧問の先生にもレッスンを見て頂けたのが本当に良かった事で、内容にご満足頂けて安心しました。

 

みんな、吹く事を奏でる事を楽しんでね。まだまだ上達しますよ!

生徒さんの笑顔に

 

こんな事がありました。

 

楽曲の合奏レッスンをご依頼頂いているのですが、顧問の先生のご要望もあり、生徒さんお一人お一人の音を聴いてアドヴァイスさせて頂いています。顧問の先生の深いお考えに敬意を表さずにはいられません。

 

よく動きを観察しながら、持ち方や構え方、音を響かせる方向など伝えていくと、本人も僕もビックリするくらい音が変わっていく生徒さんが多いのです。その時は周りの生徒さんも笑顔でうなずいています。僕も幸せを感じる瞬間です。

 

レッスンを終えると、毎回生徒さん達は様々な質問をしにきてくれます。

なんて積極的なんでしょう!

 

クラリネットセクションの子達が、呼吸について質問してくれたので「プラグオフ」を一緒にやってみました。どんなにスムーズに空気が肺に入っていくか、驚きの笑顔と共に体感してくれたようです。

 

楽器を背負ってその場を離れようとすると、背中越しから「先生、次のレッスンでは打楽器パートも一人一人見てください!」と声をかけられました。その子達の顔にはちょっぴり不安の入り交じった表情、そして真剣な眼差しがありました。

 

ごめんなさい。

 

フルートやクラリネット、サキソフォンなどと進めていき、打楽器セクションまで届かず時間切れになってしまっていたのです。自分の進め方のせいで打楽器の生徒さん達の望みを聞いてあげられず、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

次回に必ず見せてもらう約束をして学校を離れました。

 

そして日が経ち、打楽器パートを一人一人、見せてもらいました。シンバル、鍵盤楽器、ティンパニー等々、様々にアドヴァイスをして動きが変わり、音が変わりました。

みな「演奏するのが楽です!」と口々に言ってくれて、特にスネアドラムを担当している生徒さんは、別人のように音が立ち響きが良くなり、笑顔で目を丸くしていました。

背中越しに声をかけてくれた生徒さんです。

 

全体のサウンドも響きが沸き立ち、伸びていって色のパレットが増えましたね。

音そのものに表情がついて生き生きした演奏です。なにより、伸び伸び吹いている顔が本当にステキな表情!

 

この笑顔に私自身が励まされ、勇気づけられているのですよね。

みんな、ありがとう!

望みと身体

 

都内のワークショップにバジルさんのアシスタントの一人として参加致しました。

このワークショップは、都内の私立中学校や高等学校で音楽の授業をされたり、吹奏楽部や合唱部などの顧問をされている先生方の研修会です。

 

バジルさんの丁寧かつアクティブな導入の後、グループに分かれて「手を上げる・下げる」「椅子から立つ・座る」などのシンプルな動きを使ってのワークになりました。

私もお手伝いさせて頂きましたが、驚かされたのは先生方が「頭が動いて身体ぜんぶがついてきて」という事をすぐに理解され、そのままスムーズな「動き」に現れているということです。

 

ご自身の「動き」に驚かれている方も沢山いらっしゃいましたね。

 

望みが身体の動きを変えていきます。

やはり先生方は、子供達に「伝える」という「望み」を強く持っていらっしゃるのですね。私自身も背中を押され、大きく勇気づけられたセミナーでした。

 

先生方、ならびに関係者全ての皆様、ありがとうございました。

この出会いと気持ちを大切にしていきたいと思います。